イントラレーザーはコンピュータ制御

イントラレーザーはコンピュータ制御

「イントラレーシック」とよばれるものがレーシックの種類にはあるのです。イントラレーシックの手術を受けたほぼ全ての人がこれの結果自身の希望視力を得てます。イントラレーシックでは次みたいにコレまでのマイクロケラトームよりさらに高い安全性を得られるだけでではなく、フラップ作成が困難とさせられる角膜の変形にも対応をした技術をあわせ持った治療法なのデス。ふつうのレーシックでは治療が簡単ではないだろうかとされました角膜が変形してる人への治療もイントラレーシックの優秀な点は可能になるということなのです。またより正確に作成させられるフラップの面も滑らかでフラップを作成する事から、ワンランク上の結果があるののです。更にふつうのレーシックに比べるとイントラレーシックはフラップをつくるときの角膜への負担が軽減させられるだけでなく、ふつうのレーシックより手術したあとの回復につきましてももっとも優れてます。しかしたしかに普通のレーシックと比べるとイントラレーシックは角膜への負担が軽減をされてしまいましましたり手術をしたあとの回復も良かったのですが、フラップやフラップ作成が接着するまで逆に時間を要してしまったとしてましているのです。ふつうのレーシックで使用されてしまうマイクロケラトームはコレは使用せずフラップを、高性能のイントラレーザーを使い始めての作成安全性と技術に秀でた手段です。そうしてコンピュータでイントラレーザーは制御をされているので、均等に作成するフラップの厚さも出来るだけでなく、角膜も傷つける心配はないです。さらに、高性能のイントラレーザーをマイクロケラトームを使用をせず使用する事で使用の医療機器が角膜に接触不安はありません。更に作成のフラップの厚さを予測し均一に出来る事で矯正精度が通常のレーシックと比べアップをします。そして手術後に保護用のコンタクトレンズをエピレーシックでは装用しないそしたらならない。しかしていながら、保護用のコンタクトレンズをイントラレーシックは手術後装用する必要が無い。などがメリットとして挙げられます。

トップへ戻る