角膜の形状を細密に調整

角膜の形状を細密に調整

低次収差は、調整がコンタクトやメガネや他のレーシック手術で出来ますが、このウェーブフロントレーシックでないそしたら高次収差は、矯正出来ません。余談になってくるのですけど、イントラレーシックやエピレーシックやラセックなどと組み合わせて手術をする事が矯正する対象がことなるんですから、可能です。知ってない方が多いと思うので、収差という言葉を簡単に説明をします。短所としましては、ウェーブフロントレーシックを行えるクリニックの数がまず多くないことなのです。私たちが物を見てみるときは、膨大な数の光(情報)を角膜で収集してそれを収斂(しゅうれん)させて網膜上で読み取ります。高次収差による視力のトラブルを抱えている人にウェーブフロントレーシックは、有効な手術です。上記の光のばらつきが小さい場合を低次収差といい、高次収差とでかい場合を言う。より高い質な視界を得られる実現性がウェーブフロントレーシックの利点は、広がる事デス。一見ひとつにまとまっているように網膜上に合わせた焦点ということは見えるが、それらの光は本当の所は完全に一点に集まってるわけでではなく、到着位置に各光が通過をする角膜の位置や形状によりましてばらつきが出てきます。そうして、眼で私たちが見るビジョンもその影響で、ぼやけてすこしだけしまう事があるのです。最新の装置でこの光の微妙なばらつきを測定・分析をし、ウエーブフロントレーザーをその収集した情報にのっとって照射をし、細密に角膜の形状を調整するのがウェーブフロントレーシックです。高度な医学的技術が角膜に関係する正しいデータを集めて分析・解析ためには必要ですので、結果に担当医師の技能によって差が出やすいこと。そして、過去の症例数が新たな手術であり出そろっていないことから合併症などにつきましてのリスクが完全に把握されていないことなどです。

トップへ戻る