説明が不十分なんてことも

説明が不十分なんてことも

たしかにレーシックは安全性は高いとされいるが、デメリットやリスクもその影には潜んでいます。詳細にそれらの短所やリスクに関して説明をしてもらうかどうかが信頼度の評価医師選びとかクリニック選びのときの1つの判断材料となるのでしょう。しかしレーシックにたいし私達患者自身が知識を有してれば、レーシックを自分がいざ受けようとする時でも医師に疑問や不安、質問を投げかける事が出来ますよね。レーシックの手術を任せる医師が次みたいにほんとに信用出来るのかできませんのかを判断するようには、十分な説明をレーシックの手術のリスクにつきまして行ってもらえる医師を選択するためにしよう。マイナスビジョンとさせられる不利な点とかリスクに関してクリニックとか医師によりまして十分に説明してもらえない時もあるのです。レーシックに関してぜんぜんもって見知らぬ人が医師に勧められるままレーシックの手術を受けようとした際に、「何となく納得して同意する」なんちゃって事をしたりする人も医師からの説明を聞いて中にはいますのではないか。この医師とかクリニックを本当に信頼をしてもいいんだろうか。と心配とならないでしょうか?反対に全てのレーシックの手術で考えれるリスクについて十分な説明と、事前にもしそにみようかな事態に陥った時の対応の仕方などを説明されましたら私たち患者の側から見れば「その医師やクリニックは信頼出来る」と判断出来ますよネ。レーシックについて患者自身が知識を全然有しない状態で医師に勧められるままレーシックの手術に同意するなんて事は、ゼッタイにあってはいけない事です。この行為はほんとだとするそしたら危険ですヨネ。また例えしてくれたとしましても、とどのその為は「説明が不十分」なんてこともよくあることデス。しかしこれらに関して説明を十分に行ってくれない医師やクリニックはワタシたち患者の立場から見てどうデスか?「如何に患者から投げかけられました訴えに対して丁寧に且つ明確に回答してもらうか」どのくらいその医師をこれだけで信頼出来るのか、ある程度把握する事が出来ます。

トップへ戻る